自己処理を続けたくない人必見!医療脱毛のメリットとデメリット


医療脱毛のメリットとは

肌の露出が多くなる夏が近づくと、脱毛のわずらわしさを感じる人も多くいます。そのような人が魅力を感じるのが医療脱毛です。医療脱毛は家庭用の脱毛機器や脱毛サロンでの施術に比べてパワーが強いのが特徴で、毛の組織全体を破壊することができるレーザーを使っての脱毛となります。そのため、施術を繰り返すことで毛量が減り、最終的に毛が生えてこなくなるため、自己処理が不要になるメリットがあります。また、医療機関での施術となるため、麻酔や痛み止めを処方してもらうことができるので、痛みに耐性がない方には利点です。加えて、医師や看護師が常駐しているので、施術時のやけどなど、万が一のトラブルの際の対応に安心感を持つことができます。

医療脱毛のデメリットとは

医療脱毛は「医療」という言葉からも推察できるように、一般の人やエステサロンでは使えない出力の高い脱毛機器を使っています。そのため、出力はその人の状態に合わせて調整するものの、軽いやけどや痛みなどが発生しやすいのがデメリットです。場合によっては炎症をおこしたり、むくみが発生する場合もありますが、時間がたつと落ち着くケースが多いようです。さらに、出力が高いレーザーを使用する副作用として、肌の保護機能が一時的に弱まって、特に皮脂が多い部分や毛量が多いところに毛嚢炎を発症したり、色素沈着が見られたりします。どれも一過性の症状とされていますが、不安を感じるときには、医師や看護師に相談して塗り薬などの処方薬を出してもらうと良いでしょう。

あこがれの街、銀座で脱毛をしてみませんか。医療脱毛を銀座で行うメリットは、利便性が高いだけではありませんよ。